> ビクトリノックス(Victorinox)

ビクトリノックス(Victorinox)

ビクトリノックスのステンレス包丁

ビクトリノックス(Victorinox)は1884年創業のスイスの刃物メーカーで、スイス陸軍正式採用の「スイス・アーミーナイフ」のメーカーとして有名です。軍のハードな使用に耐えうる程の高品質は、キッチンツールである包丁にももちろん受け継がれています。人間工学に基づいた優れたデザインと切れ味のよさを併せ持ったアイテムです。
ベーシックな三徳包丁から、さまざまなシチュエーションに合わせたモデルまでご用意いたしました。


プロフェッショナル

プロフェッショナルシリーズは料理のプロフェッショナル達も認める高品質で、食品を扱う現場で活躍しています。長年の経験と最新の人間工学に基づいてデザインされた一体成型のハンドル「FIBROXハンドル」を採用している為、衛生的です。

ハウスホールドキッチン

ハウスホールドキッチンシリーズは家庭のキッチンでの使いやすさを考えて作られた、キッチンナイフのスタンダードモデルです。基本的な料理に使えるモデルを多くラインナップしております。

グランメートル

グランメートルシリーズは、鍛造製プロフェッショナル向けキッチンナイフシリーズ。「鍛造」とは、金属を加熱し、ハンマーで叩いて鍛錬し刃物に成形する製造方式のことで、打ち抜き製法で作られる通常のナイフに比べ強度や切れ味が向上し、料理のプロたちをも納得させる仕上がりとなっています。

スイスクラシック

スイスクラシックシリーズは、人間工学に基づいて作られたデザインが特徴のシリーズ。多彩なアイテム数で、作業や調理方法に合わせた最適な形のモデルを提案します。すべてのアイテムにすべりにくく、握りやすいハンドルを採用!

マルチカラー

マルチカラーシリーズは、カラフルなバリエーションがポップな印象を与えるシリーズです。かわいい見た目だけでなく性能も本格的で、食材や工程別に色分けする衛生管理に対応します。切れ味ももちろんシャープで、衛生管理の厳しい食品現場での使用にも耐える性能です。

包丁通販専門店 オススメ商品

当店取扱い商品でも特に人気が高い商品をご紹介!

包丁の材質について

鋼(ハガネ)

鉄に炭素を添加した合金で、炭素鋼とも呼ばれます。
サビが出やすい為手入れに気を遣わなくてはなりませんが、研ぎやすく切れ味に優れます。

SK鋼
工具類にも使われる鋼で、比較的安価なのが特徴です。切れ味の持続性が上級の鋼材に比べやや劣りますが、焼きが入りやすく鋭い切れ味が出ます。
白紙鋼
SK鋼をベースに切れ味に悪影響を与えるリン・硫黄といった不純物を減少させて、炭素を添加した鋼です。もろく欠けやすい面がありますが硬度が高い上に研ぎ直しも容易で、シャープな切れ味を要求される包丁に最適な鋼材です。
青紙鋼
白紙鋼に粘りを出すクロムと耐摩耗性を高めるタングステンを添加した鋼で、硬く靱性に優れている為欠けに強く切れ味が長持ちします。その為ハードな使い方をされる業務用包丁に最適な鋼材です。砥石での研ぎ直しがやや大変になる点と、高価なのが欠点と言えるでしょう。

ステンレス

鉄に12%以上のクロムを添加した合金で、サビに強く耐摩耗性に優れるのが最大の特長です。特に家庭用にオススメです。

ステンレス刃物鋼
ステンレスの中でも焼き入れを行う事が出来る鋼材です。独自の加工や高品質の材料を使い、性能アップしたものも多数存在します。(グレステン鋼など)
モリブデンバナジウム鋼
医療用メスにも使用される鋼材で、ステンレス刃物鋼にモリブデンとバナジウムを添加する事により耐食性・耐摩耗性に優れた性能を発揮します。サビにも強くメンテナンス性に優れますが、研ぎ直しがやや大変になります。(研ぎ直しの際は、研磨力の高いセラミック砥石の使用を推奨いたします。)


ステンレス包丁の特長

一体式タイプは特に衛生的です

ステンレス包丁の一番の特長はなんといってもサビにくい事!ハガネの包丁に比べると格段にサビに強く、また熱湯消毒にも対応しているので、包丁を清潔に保つことが簡単に出来ます。特に柄と刀身が一体になっているタイプのステンレス包丁は、上記の特長に加えて柄の部分に汚れがたまらないのでとても衛生的です。(写真は一体式のモデル TOJIRO-PRO 三徳包丁 17cm
またハガネの包丁に比べてステンレスは磨耗に強く、それによってシャープな切れ味が長持ちします。お手入れが簡単なので、ステンレス包丁は家庭で使うのにぴったりの包丁です。


ステンレス包丁のお手入れについて

砥石での研ぎ直し

日常のお手入れについては、食器用洗剤で洗った後に水気をよくふき取って下さい。ステンレス包丁はサビに強く神経質になる必要はありませんが、長い間水に漬けたままにしておくとサビが発生する場合がございますので、必ず水気をよくふき取って下さい。
切れ味が落ちてきたら研ぎ直しを行いましょう。便利な簡易研ぎ機を使えば、簡単に切れ味が元通りになります。ですが簡易研ぎ機は使い続ける内にだんだん切れ味が戻らなくなっていきますので、そうなったら砥石での研ぎ直しをオススメします。
家庭での研ぎ直しには中砥(1000番代〜)をお使い頂くのがよいでしょう。仕上げ砥(4000番〜)を併せてお使い頂ければ、さらに切れ味が鋭くなります。また当店のステンレス包丁を研ぐ場合は、セラミック砥石のご利用をオススメいたします。